海の痕跡と塩

海の痕跡について

私たちの祖先はどこから来たのでしょうか?古くは海から来たと考えられます。 生き物の祖先が海からと言う説は、こうです。地球が進化を遂げる中で、紫外線が浴びせられてしまうと 全ての陸上生物は死に絶えてしまうわけです。

強烈な紫外線を浴びて生きれる生物はいないと考えられます。よって紫外線をさえぎることが出来る海中に いた事と考えられます。菌類や藻が生命の始まりなのではと考えられます。

菌や細菌、藻などが進化を繰り返し海で生活する物から、陸へあがる物が出てきたのでしょう。 それに至るまでには考えられない時間を要したはずです。

有名な言葉に種の起源という言葉があります。生命の始まりはおんなじ先祖ですと言う「ダーウィン」の説です。 今ももっとも有効であると考えられています。人類が進化を遂げる過程で、生きるために必要な 環境を体の中に取り込んでいったと考えられます。今でも私たちの体の細胞は海水と同じような塩類組織を持っているのがその裏付けです。

海の痕跡について

私たちの体を調べると、海の痕跡が見られます。私たちの体液は、ミネラル豊富な海水と酷似しており、 また、ミネラルが無ければ私たちは生きていけません。

魚や昆虫であっても、私たち人間とほとんど同じミネラル配分の体液で体が形成されています。このことからも、 生物の誕生は海から始まったと考えられます。

必須ミネラルは、体の中で作ることが出来ず、外的要因により取り入れなければなりません。食べるという行為において ミネラルを体に取り入れているのです。

どんなに進化を遂げても、体の中の仕組みは変わることはありません。大切な海のミネラルをバランス用句取らなければいけないのです。