突然死とボケ

突然死と動脈硬化の予防

突然死やボケは突然訪れます。突然病気が発症し24時間以内に死んでしまう場合、突然死と呼びます。突然死やボケを予防するにはどうしたらいいでしょう?まず第一に、良質のタンパク質、ビタミン、カルシウム、繊維 の多い緑黄色野菜や根葉、海藻を十分に取ることが必要でこの結果、丈夫な血管ができます。

突然死を起こす原因の多くは心臓にあり、心臓の病気では、動脈硬化が関連してきます。動脈硬化はなぜ起きるかというと、余分なコレステロールが溜まり活性酸素と結びつき おきます。コレステロールの超過原因は、動物性油脂を多く取ることによりおきます。コレステロールを増やさないためには、植物性の油や青魚(いわし・さば・あじなど)を使うようにします。 そうすることにより突然死に結びつく動脈硬化が防げます。砂糖もたくさん取りすぎりると動脈硬化につながってしまうので、一日40〜50グラムの摂取に抑えましょう。

突然死の原因である血管の病気を予防するのに天然塩が役立ちます。天然塩の成分であるナトリウムとカリウムが血管を健康にしてくれるのです。 天然塩には、マグネシウム、カルシウム、マンガンなどのミネラルが血管の健康を保つのに必要なのです。血液のネバネバは酸性化が原因で

血管というか、人間の体は弱アルカリ性ですが、酸性要因である動物性油脂を多く取りすぎると血液を初めからだの中が酸性に傾いてしまうのです。 酸性になった血液はどうでしょう?粘り気が出てしまい血流が悪くなります。血流が悪くなるとどうでしょう?動脈硬化や血管の病気につながりますね。 動脈硬化は更には心臓疾患につながり突然死につながるのです

突然死やボケはミネラルで予防しよう

天然塩を取ることで、動脈硬化が予防できますが、天然塩に含まれるミネラルが影響してきます。ミネラルは野菜からも摂取できますが、 化学肥料を主に作られる野菜には、昔ほどのミネラル分が期待できません。日本の土壌自体もココまでの説明でミネラルが少ないことがわかっていただけたと思います。 容易にバランスの良いミネラルをとる簡単な手段として、天然塩は有効なのです。

天然塩にすることだけで簡単に突然死やボケが予防で知るのでしょうか?天然塩を摂取するように心がけても、調味料全体多く塩分が含まれています。 例えば醤油や味噌。これも天然塩や自然塩を使用した物に変えることをお勧めします。塩化ナトリウムがほとんどで出来ている食塩から作った 醤油や味噌はどうでしょう。余分な塩化ナトリウムを体の外に排出する働きを助けるカリウムが含まれていませんね。これでは体のミネラルバランスは崩れて 血管のミネラルバランスも崩れます。突然死の原因は緩和できませんね。

調味料にも気を使いましょう。自然塩や天然塩使用のものを使うことで更に突然死やボケの予防にもつながるのです。調味料に気を使っても 外食が多かったりすればもっと気を使わなければいけません。カリウムが多く含まれる海藻を取ったり野菜を多く取るように心がけましょう。 そういった細かい配慮により、多くの突然死や動脈硬化が緩和されるはずです。

私たちの体の中で不足しがちなカリウムを多く含む食べ物は、小麦胚芽、アーモンド、干しぶどう、パセリ、ピーナッツ、にんにく、ほうれんそう、じゃがいも、 、バナナ、スイカ、リンゴ、柿、柑橘類、セロリ、薩摩芋、小豆、牛乳、昆布、ワカメ、緑色野菜などです。これらの身近な食べ物と一緒に天然塩をとることで より一層突然死やボケの予防につながりますよ。