忠臣蔵と塩

忠臣蔵と塩のいきさつ

忠臣蔵と塩の関係については、知っている人は知っていると思いますが、おさらいの意味でご紹介いたします。 忠臣蔵の事件は、元禄14年3月14日に当時の江戸城内松の廊下にて、赤穂藩主であった浅野内匠頭が吉良上野介に突然斬られてしまう事件で、 それにより浅野内匠頭が自害させられ、赤穂藩はつぶれてしまいました。

吉良上野介に対しては、何の罪も科せられませんでした。浅野内匠頭の家老の大石内蔵助達の赤穂藩の藩士たちはこれに対して大激怒します。 吉良上野介に対して密かに仇討ちを計画し、元禄15年12月14日に、大石内蔵助を頭に47人の赤穂浪士が吉良邸に侵入、吉良を討ち取って主君の仇討を果たした。

これが事件の一通りのいきさつです。なぜ忠臣蔵事件が起こったのか?これには塩が関係してきます。

ただ単に吉良上野介が浅野内匠頭に対して、いじめをしていたように風刺されている物が多いのですが、中が悪くなったのは、もっと前のことです。 正確には江戸時代の初期ごろに赤穂は「大浜式塩田」をにより塩作りを既に行っていました。その塩は赤穂内外から高い評価を受けていました。

忠臣蔵と塩について

当時から高い評価を受けていた瀬戸内の赤穂の塩作りを、自分のところでも取り入れたくおもう藩もあり、まねを試みました。 しかし、赤穂の塩作り製法を真似てみても、同じかあるいはそれ以上の品質の塩が出来ませんでした。

赤穂の塩つくりは独特で独自の赤穂流を取り入れていました。高い評価の塩を生産することにより赤穂藩の財政はとても豊かでした。 私のところも真似て同じように塩を作りたいと当時の吉良家は考え、当時の赤穂藩主にお願いするわけです。

何度もお願いしたのですが、独自の赤穂流を貫きその製造方法などは最後まで教えてもらえませんでした。どうしても知りたい吉良家は 手下を赤穂にもぐりこませ製法を盗もうとまでするわけですが、ばれてしまい手下は捕まってしまいます。

以来赤穂と吉良家にはわだかまりが出来てしまいます。吉良上野介はこのことをうらみに思い、いじめを試みたのです。 うらみは恐ろしいですね。追い詰められてしまった浅野内匠頭は、吉良上野介を切りつけます。それに対しての罪として、 浅野内匠頭は、切腹を申し付けられるのです。

納得の行かない家老たちにより吉良上野介は、討ち取られてしまいます。依頼この地域同士は、今でも中はあまりよろしくないようです。