二日酔い防止

塩と二日酔いの関係

塩が二日酔いに効くことをはじめて聴いたという人も多くいると思います。 天然塩や低納塩をつかった二日酔い治療法はとっても簡単で安価にできる二日酔い対策です。 二日酔いとはどんな現象を言うのでしょうか。二日酔いとは、
お酒に含まれるアルコール成分が肝臓により分解されないで翌日までも残ってしまう状況を二日酔いといいます。 適量のアルコールですと、肝臓の働きによりアルコールは分解されますが、肝臓の働きを超えてしまうとアルコール分が残り二日酔いとなってしまいます。 塩にはアルコールが水と炭酸ガスに分解するのを促進する作用があります。

塩にはアルコールを水と炭酸ガスに分解する働きがありますが、アルデヒドやメチルアルコールの解毒に作用して、これらの毒性物質を押さえ込んだり これらに負けない解毒機能を高めさせる働きがあるのです。だから、天然塩・低納塩などのミネラルが豊富な塩が二日酔いに効くのです。 天然塩・低納塩などのミネラルが豊富な塩が二日酔いに効くというよりも、体内の入ったミネラルがコレを促進し二日酔いの対策として有効といった方がよいかもしれません。

また、二日酔い対策として、天然塩・低納塩などのミネラルが豊富な塩湯につかったり、塩マッサージをするとより効果的です。 塩そのものを取り入れようとすると大変ですが、水やお茶におといてのむと楽に飲めて、二日酔い対策として役立ちます。

塩で二日酔い対策

二日酔いのときは、お茶に天然塩・低納塩などのミネラルが豊富な塩を溶きいれて飲むと良いでしょう。お水でもOKです。 また、天然塩・低納塩などのミネラルが豊富な塩で作られた味噌汁もお勧めです。味噌は大豆から出来ており大豆もまたミネラルが豊富です。
二日酔いの朝などシジミの味噌汁など最高ですね。アルコールの解毒作用で疲れている肝臓の回復にもつながります。具沢山お味噌汁や 塩を効かした鍋の残りもお勧めですね。塩の効果により二日酔いが治ります。

二日酔いの朝は、軽い脱水症状を起こしているときがありますね。多くミネラルを含んだ水を飲み、尿や汗、便として排出することにより 体は改善に向かうはずです。

二日酔い対策として、天然塩・低納塩などのミネラルが豊富な塩をつまみに使うとよる酔いしないようです。 これは私の経験であり、万人に向くかはわかりませんが、私は外で飲む際も天然塩・低納塩などのミネラルが豊富な塩を「マイ塩」 として持ち歩き小量ずつかけて食べるようにしています。そのせいか二日酔いと無縁です。ぜひ一度試してみてください。