減塩の必要

減塩の必要について

減塩は生活習慣のように取り上げられています。 塩は高純度塩化ナトリムです。 塩の摂り過ぎると高血圧という誤解の図式も多く見られます。
高血圧の人に減塩食を与えても効果が認められるのは、ほんの数%に 過ぎず、多くの高血圧に悩む人にはあまり効果がありません。そのため薬としてカリウムを補ったりしています。

塩の摂り過ぎは高血圧という考え方は、アメリカ人のダール博士の研究がそのルーツとされています。 日本人に高血圧症が多いことに注目したダール博士は、各地域ごとに塩の摂取量を調査した結果、 漬物や味噌汁など味付けの濃い塩分をたくさん摂る東北地方に高血圧症が多いことを統計的に示しました。

このことにより塩の摂り過ぎが高血圧という一つの図式を唱えました。 東北地方に高血圧症が多いのは、ただ単に塩の摂取量が多いのが原因ではなく、水にあるような気がします。 東北地方の水はカルシウムやマグネシウムなどの鉱物質が少ない軟水です。 日ごろからカルシウムやマグネシウムなどの有効ミネラルである軟水を普段から飲んでいることが原因ではないかと考えられます。

減塩の必要と塩について

天然のミネラル成分であるニガリ成分を含まない塩化ナトリウムだけの塩を多く取れば、そ れが高血圧症の原因になるのではないかと考えられます。
塩が高血圧の原因という脈絡や裏づけがない発想で解明できるほど簡単では内容に思えます。 ニガリを高血圧の患者に与えると、高血圧は正常に戻り、そして低血圧の患者で さえも正常な血圧に戻ります。塩分と高血圧の直接の関係の信憑性はいかがな物かという持論です。

ニガリと良く聞き事があると思います。身近なところで豆腐作りには欠かせない物でしょう。 風呂の湯船にニガリを入れると肌がすべすべになるのも誰しも知っていると思います。 ニガリとは、海水に含まれる塩類全体を総称してそう呼んでいます。 ニガリに含まれるさまざまな物質の役割は未だ不明のままです。

ミネラル成分が不足すると色々な生活習慣病や疾患や病気になったりもしてしまいます。 バランスを考えて食生活を送るようにしてください。 天然塩がもたらす人体への有効な効果についてこのサイトで学んでください。