血管性疾患と塩

長寿の国日本について

日本人の平均寿命は、昔から比べるとはるかに高寿命になりました。貧困により食べ物が食べられなくて死に至るケースも極まれなほどです。 これだけ寿命が延びのは、食べ物もよくなったこともありますが、医療の発達により昔では助からなかったケースでも一命を取り留め生活していけることが考えられます。

しかし、長寿と長生きは違うのではないかと思います。病棟で暮らす人もいれば、疾患を患ったお年よりも底には多数含まれています。 長寿とは、健康に毎日を暮らしていけてこそなのではないでしょうか。

健康に全うに生きるのには何が必要なのでしょう。体が必要とするミネラルもバランスよくとることも必要要素ではないのでしょうか。もちろん、微量元素や カルシウム・マグネシウムなどのミネラルをバランスよく取ることが全てではありません。

あくまで、私たちが暮らしていくのに必要不可欠なミネラルを充分取り入れていくことが、私たち一人ひとりが少し見直すことで容易に行えるのです。 薬などに頼らないでも摂取できるミネラルを塩から取り入れてみましょう。

血管性疾患と塩について

私たち日本人の暮らしの中で、年を老いればオイルほど危険性がある病気があります。血管性疾患です。血管性疾患とは、血管における病気です。

年を取ればとるほどその危険性は高くなると考えられます。血圧は上昇気味になりお年寄りの30%ぐらいは高血圧です。高血圧になるとどのような障害が起きるのでしょうか。 心臓疾患・脳卒中・心筋梗塞などの引き金にもつながりかねません。

3大成人病で日本人全体の死因の中でも上位を占める血管から来る病気です。血管にコレステロールが溜まった場合、うまく血液が流れなくなり 流れがよいところと悪いところが出てきてしまいます。

コレステロールなどの障害により流れの悪いところでは、血液は一定の速度で流れているので、 血管自体が薄くなってしまうことがあります。脳の血管などは、非常に細くたくさんあるために、血管が切れてしまうと脳卒中になってしまったり、血管がつまり、 脳梗塞になることもあります。心臓においては、血管がつまってしまったり破れてしまうと、心臓疾患になってしまいます。

これらの病気も完全に防ぐことは難しいですが、少しの気遣いでだいぶ回避されるのではないでしょうか。ここでも塩が関係してきます。 余分なコレステロールを対外へと排出してくれるのです。

塩がこれらの病気を巻き起こす現況と考えられていますが、そうではなく、塩に含まれるミネラルにより 体の中の働きを円滑にすることを再認識してください。