塩と日本

日本と塩作りの関係

日本は海に囲まれた島国です。日本は海に囲まれているため塩には事欠かないように感じますね。 でも、日本の気候は塩作りに適していません。なぜ?日本は塩作りに気候が適していないのか。 それは、日本は雨が多く、湿度が多いからです。日本の気候では、海水を天日で干す製法の天日塩田に適していないのです。
塩を天日で干して作る、最も古くかっらある製法の塩田という方法に適していないといえるでしょう。 日本は天日で塩田を造り干すのに際して、湿度が多いために十分な乾燥がえられません。 日本で最も古い塩の採取方法として確認されているのは、海藻類を燃やしてそれをそのまま塩として 燃えて残った灰を塩として取り入れてきました。

灰からえた塩を解かし戻すと、「しょっぱかった」海の水よりもしょっぱかったのです。 このことにより海水を煮詰めることにより塩が採取できることを知りました。 日本で最古の塩の採取法が行われたのは、海水を溜めておく器や煮詰めるための入れ物が出来る ようになった縄文時代が最初ではないかと思われます。

塩は日本で古くから作られ塩の重要性が、おぼろげながら感じ取れたのではと思います。天然塩や低納塩を振り掛けると 食材は甘みを増すもので。スイカやとうもろこし、ゆで卵などいい例ですね。 そお言った塩がもたらす効果を日本の昔の人は感じ取っていたのでしょう。

塩と日本について

塩が人間にとって生きていくうえで必須なミネラルを与えてくれる。 それを与えてくれたのはぐうぜんだったかもしれませんが、「神様」がそうさせたのかもしれませんね。 人は、快楽があり、おいしいという感激があることで様々なことを取り入れて生きてきました。
塩がまずい物であれば、昔から重要視されなかったのではと思います。あくまでも私の推測で根拠はありません。 子孫の反映も、快楽を伴うことにより其の行為を行うように仕向けたのではと私は感じます。話を戻します。 日本には、岩塩や塩で出来た湖などの自然の塩資源もほとんどありません。日本は古い昔から塩をとても貴重で重要なものとして扱い、 昔から苦労を重ねて塩を作ってきました。

縄文時代から弥生時代に移り変わる頃、海水を天日に干し、それに幾度か海水をかけ塩分を溶かし出し、 濃度の濃い塩水をとり出す製法が発見されました。 縄文時代の後期から平安時代に至るまで土器により海水から塩を取り出す西方が広く使われ、

日本列島の九州から青森まで海岸近くの遺跡から塩つくりに使われた土器が発見されています。 砂に海水をかけてカン水をとる方法を塩田法と言い、竹の枝を吊して海水を流しカン水をとるのが流下式と言います。 近代的な塩つくりは、蒸発釜を使って煮つめて塩を採取しています。