天然塩

天然塩とは

天然塩とはアルカリ成分である(ナトリウム・マグネシウム・カリウム・カルシウムや微量元素)が入っている塩といったほうがわかりやすいでしょうか。 ココまでの説明の通り、天然塩に含まれるミネラルは、私たちが普通に暮らすのにとても大切な役割がわかっていただけたかと思います。

天然塩のカリウムが不足してしまうと塩化ナトリウムと一緒にとることで余分な塩化ナトリウムを体外に出してくれるよう働きかけていたのに その働きのバランスが崩れてしまい、体の中に塩化ナトリウムが蓄積されてしまいます。塩かナトリウムが体の中から全て亡くなると人は死に至りますが 基準の量が体内に無くてはいけません。しかし、基準の量を超えても塩化ナトリウムを体の外に排出する働きができなくなり高血圧や脳梗塞といった成人病につながるわけです。

天然塩にはカルシウム・マグネシウム・ナトリウム・マンガン・リン・カリウム・銅・亜鉛・鉄・モリブデン・セレニウム・ニッケル・クロム・リチウム・コバルト・バナジウム (必須微量元素)が含まれているものが多く、食塩にはこれが含まれていません。 食塩は天然塩と違いその成分のほとんどが塩化ナトリウムです。

ココまでの説明で塩化ナトリウムが体にとって必要なことと、とりすぎるといけないことがわかっていただけたかと思います。天然塩には私たちが当たり前に生きていくうえで とても大事なミネラル物質を多く含んでいるのです。

天然塩主体の食事に切り替えてみましょう。天然塩に含まれるカリウムは熱に弱く、例えば塩湯でした野菜のおひたしなんかにしてしまうと 熱によりカリウムが逃げてしまいます。汁まで飲めるものや炒め物などに使うとより効果的です。

天然塩のカリウムが湯通しすることで逃げてしまった場合、有機野菜のサラダなどを一緒に食べることで有機野菜に含まれるカリウムが確保できます。 バランスのよい食事と健康には天然塩に含まれるミネラルが大変重要な役割を果たします。

天然塩について

安定供給される食塩(塩化ナトリウム99%)は時間をかけて高価になってしまう天然塩にくらべて非常に安いですね。でも、天然塩に入っている必須ミネラル が不足してそれを供給しようとサプリメントを使うのであれば、天然塩をつかった方が安く済みます。

天然塩のよさは、アトピー性皮膚炎にも効果があり、肌に潤いを与えてくれます。毛穴から浸透して老廃物を出してくれたり体の保温にも役立つのです。 入浴の際に足湯に天然塩を使ったり、洗顔に天然塩を使ったり、目を洗う際に使ったり、うがいをすれば天然塩の効果で殺菌も出来てしまうのです。

天然塩の重要性は、天然塩に含まれるミネラルが不足することにより体のバランスが崩れてしまい、成人病を引き起こします。減塩とは、塩化ナトリウムを少なく取ることであり 塩を少なく取ることとは違います。何もわからないで減塩だけに気をとらわれていると、ミネラル不足になってしまいます。

最近多いのは、こどもが成人病にかかることです。体の中の組織の成長をしなくてはいけない時期に塩化ナトリウムばかり取ったり、 必要なミネラルをとらないことが原因であることが考えられます。最も大事な体を作る時期にこそ天然塩が必要なのです。スナック菓子やインスタント食品 または外食などばかりだと必要なミネラルが取れません。

天然塩をつかったバランスのよい献立を作ってあげることが大切なのです。栄養バランスの取れた食事が最近ではとりにくくなっています。 自分で作った食事では節制できますが、外食ではそうも行かない部分もあります。最近でこそスナック菓子やインスタント食品にも天然塩や 自然塩が使われている大変よい傾向が見られますがまだまだごく一部です。

普通に生活していればナトリウムが多く摂取されてしまう傾向にありがちなので、中国の低納塩もお勧めです。低納塩は、塩化ナトリウムが控えられており ミネラルが逆に多くなっているのです。販売しているところは限られています。だってみんなが知らないからです。デパートや食品問屋に行くと売っていると思います。 少し割高ですが、塩化ナトリウムが多く取られているのではと心配な方は「低納塩」もいいですよ。