天然塩と海

天然塩と海

海からできる天然塩や塩についてみんな無関心でした。最近でこそ健康ブームも役立ってか、海の恵み天然塩が見直されるようになってきました。 でも、まだまだ天然塩に無関心な方は多くいますね。塩と一食単に言っても工業的に作られたイオン交換によって作られた食塩も塩と呼ばれてしまいます。 本来はミネラルが豊富な昔ながらの作り方で海から作られた天然塩を塩というのです。

大切なミネラルが無い塩化ナトリウムがほとんどの食塩に対して私たちの体液に近い海からできる天然塩は、海水をくみ上げ塩田で昔は作られていました。 海のエキスが満載の天然塩が体に悪いわけは無くいわば健康食品の基本です。

天然塩の多くは80種類にも上る微量元素で形成されており、塩化ナトリウムをはじめ、マグネシウム、カルシウム、カリウム、などの 私たちの生命にとても関係のある物質で出来ています。海の生物魚も私たちと同じ浸透圧であり、体液も私たち人間にすこぶる似ているのです。

天然塩が少し高いからといって敬遠せずに、毎日の生活に取り入れましょう。

天然塩と海について

海からできる天然塩を取り入れることで何が変わるでしょう。高血圧を初めとする成人病予防もそうですが、体の代謝がスムーズに行われます。 無理に食事を抜いたり偏ったダイエットの必要性が少なくなります。ダイエット器具を色々買っては効果がない方などは、あなたがつかっているsy九円から変えてみてはいかがでしょうか。 持続することにより効果が現れてきますよ。もちろん天然塩を取り入れても適度な運動はしてくださいね。

塩の始まりはここまで説明したので多くふれませんが、縄文時代に土器により海水を煮詰めて取り出したのが始まりです。狩猟が多かった時代には 獲物のミネラルを多く含んだ骨髄を食べることで塩の成分を取っていました。やがて取れるか取れないかわからない獲物を何日も追うことよりも、 定住して稲作や農業が盛んになるとミネラルが不足し、天然塩を直接取ることが考えられたのではと考えられます。

本来塩田で海水を太陽の自然な熱によりじっくりと蒸発された塩が天然塩です。イオン交換により行われたり、熱を加えられたり、科学的に蒸発させた物は 天然塩と呼べるか疑問です。中でも胸を張ってお勧めできる塩は「恵安の潮」です。次いでゲランドの塩、神々の塩と続きます。

天然塩の定義は、あくまで海水だけを使い塩田でつくられ無添加であること、天火干しで時間をかけて塩分濃度を高めて海水の結晶 が塩で、73種類にも上るミネラルが含まれていることです。ミネラルのほとんどといっても過言ではありません。まだまだここら辺はマイナーで、 加熱製法や輸入減塩とにがりを使用した塩がほとんどで自然塩・自然海塩の位置づけになります。天然塩とは呼べません。

塩の人気や需要、買いやすさを踏まえて自然塩(赤穂の塩・シママース・伯方の塩など)や自然海塩(海の精・粟国の塩)も本文中で取り上げていますが、本音は全ての人に天然塩を使っていただきたいのです。